メタボリックシンドローム

メタボリックシンドローム

■内臓脂肪型肥満は万病のもと

肥満はいろいろな病気の元凶です。なかでも内臓脂肪型肥満は要注意!息を軽く吐き、へその高さで腹囲を計り、男性で85㎝以上、女性で90㎝以上の場合は内臓脂肪型肥満の可能性が高いです。

■内臓脂肪がたまると

①インスリンの働きが鈍り、糖尿病や高脂血症、高血圧になりやすくなります。
②動脈硬化を進め、脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こしやすくります。

このような状態をメタボリックシンドロームといいます。

メタボリックシンドロームのセルフチェック

1 肥満
へその高さの腹囲: 男性85㎝  女性90㎝

2 高脂血症
中性脂肪 150㎎/dl
HDLコレステロール 40mg未満

3 高血圧
収縮期血圧 130mmHg以上
拡張期血圧 85mmHg以上

4 糖尿病
空腹時血糖値 110mg/dl以上

1を前提として、2~4の3項目のうち、2つ以上に該当するとメタボリックシンドロームと考えら れます。

どうすれば予防できる?

生活習慣の改善で内臓脂肪を減らすことができます。まず下記の項目をチェックしてみてください。

  • 運動の習慣がない
  • 階段を使うことが少なく、エレベーターに乗ってしまう
  • 食事は満腹になるまで食べる
  • 間食をよく取る
  • 料理に砂糖をよく使う
  • 濃い味付けが好き
  • 緑黄色野菜をあまり食べない
  • アイスクリームを好んで食べる
  • ストレス解消にお酒を飲むことが多い
  • タバコを吸っている

当てはまる項目が多い人は要注意!簡単なところから改善していきましょう。

管理栄養士による栄養・食事指導

管理栄養士 鈴木 史(水曜午後)

生活習慣病などの治療食や健康食、ベジタリアン、正食ゲルソン療法(がん治療)などの特別食による指導を行います。(予約制) 指導を希望される方は一度来院され、医師にご相談ください。

おからクッキー試食レポート

奥が(1)ごまクッキー、手前右が(2)ホットビスケット、左が(3)マーマレイドケーキ
おからクッキーでカロリーコントロールをし、ダイエットに成功した方の体験談をもとに、クッキーを焼いてクリニックスタッフで試食してみました。

水分を含むとふくらむ「おから」やファイバーの多い「全粒粉」などを材料に焼いたクッキーなのでコーヒーなどと一緒に食べるとお腹の持ちがいい感じ。自分の好みで砂糖を加減したり、ジャムなど追加して楽しめます。(試食スタッフ感想)

PAGE TOP